ぶつぶつ交換は子育て支援につながります

高知新聞に取り上げていただきました「ぶつぶつ交換ルーム」

高知新聞では移住の取り組みが中心で、子育て支援の事は紹介されていませんでしたが、
成長の早い子ども達のまだ着られる服やおもちゃなどをリユースすることは
子育て支援の一環にもなると考えて取り組んでいます。

実際に最も「ぶつぶつ交換」をご利用いただいているのが子育て世代の皆さんです!

「ぶつぶつ交換」と銘打ってはいますが、実は「交換」する必要はないのです。
この部屋でいるものを見つけたらどんどん持って帰ってください!
そして「不要になったけれどまだ使える」「買ったけど使わないままサイズアウトしてしまった」
といった子ども服やその他子ども用品、食器や生活用品などがおうちに眠っていれば、
ぜひ持ってきてください!

このように「ぶつぶつ交換」は、持ってきていただいたものを、
欲しい人が自由に持ち帰ることができる循環システムなんです。

そして、ただモノが巡るだけでなく、モノを介して
人の交流・心の交流が生まれていくことも期待しています。

行ってみようかな、と思われたら、スタッフ不在の場合もございますので、まずはお問い合わせください。
ちなみに、香美市の方も! 香美市外の方も!
ぜひ、お気軽にいらしてくださいね♪

香美市立移住定住交流センター(いなかみ)は水曜日、日曜日、祝日は休館日となっております。
なお、ぶつぶつ交換ルームへいらっしゃる場合は9時〜16時30分の間にお願いします。
(お問い合わせは8時30分〜17時15分)

 

※持ち込みしていただけるものについては、以下をご参照ください。

●衣類
大人…未使用品、美品。(マタニティウェア、授乳服に限り多少の使用感ありでもOK)
子ども…シミ・毛玉・穴あきなどのないもの。

●靴
大人…未使用品に限ります。
子ども…底がすり減っていたり型が崩れていたりしないもの。

●食器 欠けや割れ、汚れのないもの。

●家電 動作確認をして、少なくとも持ち込み時点では動くもののみお願いします。
(あれば取扱説明書等も持って来てもらえると助かります)

●本、絵本 汚れ、破れ、日焼け、傷みのないもの。(雑誌の受け入れはNGですゴメンナサイ)

●ぬいぐるみ、子どものおもちゃ 汚れのないものに限りOKです。

「これどうかな?」と思うモノがございましたら、お尋ねくださいね。

【お問合せ】
香美市立移住定住交流センター

高知県香美市土佐山田町本村214
TEL:0887-52-8606

 


「お宝発見!交流の場にも■ぶつぶつ交換ルーム」
高知新聞2020年10月16日朝刊
(↑クリックで大きな画像が開きます)